ディスプレイが無い Linux で、Firefox + Selenium を Python 上で起動して自動操作する

(Comments)

Selenium を、ヘッドレス Linux上で、Python から起動する方法です。

事前準備

$ sudo apt-get install xvfb

$ pip install selenium

$ pip install pyvirtualdisplay

ディスプレイの代わりに、仮想フレームバッファの xvfb を使います。

それを Python から簡単に使えるようにするのが pyvirtualdisplay です。

Pythonコード

from pyvirtualdisplay import Display
from selenium import webdriver

display = Display(visible=0, size=(800, 600))
display.start()

fx = webdriver.Firefox()
fx.get("http://example.com")
fx.save_screenshot("/tmp/webdriver-firefox-screenshot.png")

fx.close()
fx.quit()
display.stop()

Firefox で http://example.com を開き、スクリーンショットを保存しています。

終了のさせ方が悪いと、xvfb や firefox がゾンビ化することがありますので、その場合は killall なんかで終了させると良いでしょう。

プロセスが残っているか確認

$ ps -eafw|grep -i "firefox"
$ ps -eafw|grep "xvfb"

また、mac はディスプレイ付きで開発、Linux ではディスプレイ無しで起動させたい場合は

import platform
use_virtual_display = platform.system() == 'Linux'

このように、platform.system() で比較すると比較的簡単にできると思います。

Current rating: 3

Comments

Recent Tweets

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    なおってた
    2 days, 14 hours ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    vuetify って2になって、グリッドのタグ名がBootstrapと同じになったのね。v-flex と書かなくてよくなってた。良い。
    2 days, 15 hours ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    YahooショッピングのAPI、応答を返さない状態じゃない? https://t.co/rYKTlr7RcU
    2 days, 17 hours ago

Recent Posts

Archive

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011

Categories

Authors

Feeds

RSS / Atom