Django TemplateView を、@cached_property を多用して書いてみる

(Comments)

Django に標準搭載の django.views.generic.TemplateView。

HTML生成に必要なメソッドが全部入りで、非常に簡単にページを作ることができます。

シンプルながら機能が豊富で柔軟なため、いろんな書き方ができます。

・get メソッドをオーバーライドする

def get(self, request, **kwargs):
    return self.render_to_response({
            'items': Hoge.objects.filter(...)
        })

・urls.py から変数を差し込む

url(r'^page/$',
    TemplateView.as_view(
        template_name="html_page/agreement.html",
        items=xxx),
    name='page'),

今回は、cached_property 主体でテンプレートに変数を送る例です。

TemplateView の、get を見てみると、

context = self.get_context_data(**kwargs)

というコードがあります。そして、 get_context_data を見てみると

def get_context_data(self, **kwargs):
    if 'view' not in kwargs:
        kwargs['view'] = self
    return kwargs

となっています。

つまり、TemplateView の get, および get_context_data をオーバーライドしない場合、テンプレート内から view という引数で、呼び出し元の ビューインスタンスにアクセスできます。

そのため

class HogeView(TemplateView):
    template_name = '........'

    @cached_property
    def items(self):
        return list(Hoge.objects.filter(...))

    @cached_property
    def total(self):
        return sum([ i.count for i in self.items])

    @cached_property
    def average(self):
        return self.total / len(self.items)

テンプレート

<table>
{% for item in view.items %}
  <tr> .... {{ item.... }} </tr>
{% endfor %}
</table>

合計: {{ view.total }}

平均: {{ view.average }}

このような書き方もアリかなと。興味の分離ができて、発行する SQL も少なくできます。

ただし、例外が出た時に握りつぶされてしまうという欠点があります。

Current rating: 3

Comments

Recent Tweets

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    apple developer の、テスト用デバイスのUDIDを1年ごとにチェックして、古い端末を消しちゃうやつ チェックボックスを入れたのを残すのか、消すのかの判断まちがって、全部のUDID消えたわ
    8 months ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    うちの会社 TORICO の 代表が今TV出てます #漫画全巻ドットコム #激レアさんを連れてきた
    8 months ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    Proofpoint にブロックされているIPアドレスからでも icloud など Apple メールアドレスにメール送信されてもブロックされてない…?
    8 months, 4 weeks ago

Recent Posts

Archive

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011

Categories

Authors

Feeds

RSS / Atom