Django で、datetime で MySQL 検索する時にタイムゾーンがずれてうまく検索できないミス

(Comments)

けっこう何回もミスってしまうのでメモ。

settings

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'
USE_TZ = True

from django.utils import timezone

now = timezone.now()

この now は、repr してみると

datetime.datetime(2017, 1, 26, 4, 4, 56, 53007, tzinfo=<UTC>)

UTC の datetime.

これはテンプレートで表示するとローカルタイムに直されるので、JST のように見える。が、見る瞬間に変換されているだけで、タイムゾーンはUTC。

これを、

now.date()

なんかで date を取り出して、MySQL の(JSTで格納されている)日付フィールドと比較すると、9時間ずれておかしなことになる。

なので、date を使いたいとか、Python コード内で strftime して使いたいとかの理由があれば、

from django.utils import timezone

now = timezone.localtime(timezone.now())

として localtime 化しておけば、

datetime.datetime(2017, 1, 26, 13, 4, 56, 53007, tzinfo=<DstTzInfo 'Asia/Tokyo' JST+9:00:00 STD>)

このように JST のタイムゾーンがついた datetime になるので使い勝手が良い。

Current rating: 4.5

Comments

Recent Tweets

  • 大坂昌彦

    大坂昌彦 @masahiko_osaka

    ytyng

    ついに犯人がわかってしまいました! ナル、一昨日にも僕だったので、昨日の人しかいません!! ペダルにガムテープ貼っても良いけど、剥がして帰って欲しい。散々、自分の足で踏みつけたガムテープを何で次の人が剥がさなきゃならないの??自分… https://t.co/Contz66ZK9
    1 month ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    Shopify の在庫数更新API GraphQLの場合: 一括更新できる 絶対値更新できない REST API の場合: 一括更新できない 絶対値更新できる なんなのそれ https://t.co/0QyibNQXdt
    1 month, 3 weeks ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    #bulma スペーシングヘルパー、マージされてる! もうこれBootstrapじゃん https://t.co/uI8fZ6lAOw
    1 month, 3 weeks ago

Recent Posts

Archive

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011

Categories

Authors

Feeds

RSS / Atom