Raspberry PI Pico や RP2040 に Mac OS Sonoma でファイルをコピーすると Input/output error になる場合

Python Raspberry-Pi
2023-11-21 11:51 (5ヶ月前) ytyng

問題

Mac OS Sononoma で、 Rasberry PI Pico や RP2040 を載せてるマイコンボードの開発をしようとして、 ファイルを RP2040 にコピーした時に、

cp: code.py: could not copy extended attributes to /Volumes/CIRCUITPY/code.py: Input/output error

となって 0バイトでコピーされる。(中身がコピーされていない)

また、Finder でドラッグアンドドロップした場合は

The Finder can’t complete the operation because some data in “” can’t be read or written.
(Error code -36)

のエラーダイアログが表示される。

画像

解決方法

ボリュームを synchronous でマウントしなおせば良い。

以下のスクリプトでマウントしなおしができる

#!/usr/bin/env zsh

m=$(mount | grep /Volumes/CIRCUITPY | grep synchronous)

if [ ! "$m" ]; then
  devname=$(df | grep CIRCUITPY | cut -d" " -f1)
  sudo umount /Volumes/CIRCUITPY
  sudo mkdir /Volumes/CIRCUITPY
  sleep 2
  sudo mount -v -o sync -t msdos $devname /Volumes/CIRCUITPY
fi

参考情報

OSError: [Errno 5] Input/output: macOS Sonoma is delaying writes on small filesystems · Issue #8449 · adafruit/circuitpython

原因

Sonoma では、ファイルのコピーをする際、まず仮想ファイルを作って、ファイルシステムへのページアウトがトリガーされる。 非同期でマウントされている場合、FAT とメタデータへの更新はフラッシュされるまで遅延されるため、0バイトファイルとなる。

8MB以下、FAT16、uf2、Python ファイルの書き込み の条件下で問題となる。

https://github.com/adafruit/circuitpython/issues/8449#issuecomment-1745372269

私の解決策

下記のようなデプロイスクリプトを作りました。

remount.sh

#!/usr/bin/env zsh

ret=$(mount | grep /Volumes/CIRCUITPY | grep synchronous)

if [ ! "$ret" ]; then
  devname=$(df | grep CIRCUITPY | cut -d" " -f1)
  sudo umount /Volumes/CIRCUITPY
  sudo mkdir /Volumes/CIRCUITPY
  sleep 2
  sudo mount -v -o sync -t msdos $devname /Volumes/CIRCUITPY
fi

deploy.sh

#!/usr/bin/env zsh

cd $(dirname $0)

# Sonoma以降、ファイルのコピーで Input/output error になる問題の対応
./remount.sh

files=(
  file_1.py
  file_2.py
)

for file in $files; do
  echo $file
  cp $file /Volumes/CIRCUITPY/
done

# ゴミファイルを消す
dot_clean /Volumes/CIRCUITPY
ls -lhatr /Volumes/CIRCUITPY
Currently unrated

Comments

Archive

2024
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011