samba-ad-dc が不調-> slapd が起動していたので止めたらOK

(Comments)

Ubuntu18 で samba-ad-dc が起動しており、Synology NAS から使っていたが、

Ubuntu18のアップデート後、ドメイン情報を更新しようとしたら「信頼できるドメインコントローラが見つかりません」というエラーとなった。

ためしに、他のADクライアント(mac) から接続しようとしたところ、Error: Connection failed to the directory server. (2100) 的なエラーが出た。

/var/log/samba/  のログを見た所、 NT_STATUS_ADDRESS_ALREADY_ASSOCIATED があった。(ファイル名失念)

試しに、AD サーバ上で、/var/log/samba# sudo service slapd status を見てみると

● slapd.service - LSB: OpenLDAP standalone server (Lightweight Directory Access Protocol)
Loaded: loaded (/etc/init.d/slapd; generated)
Active: active (running) since Tue 2018-12-04 18:56:39 JST; 2h 19min ago
Docs: man:systemd-sysv-generator(8)

active で起動していたので、

sudo service slapd stop

sudo service samba-ad-dc stop

sudo service samba-ad-dc status

して、samba-ad-dc slapd を止めたら samba-ad-dc もちゃんと動いた。

(sudo systemctl stop ... の方が推奨されそう)

サービス停止

sudo systemctl disable slapd.service

再起動して確認。

Currently unrated

Comments

Recent Tweets

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    なおってた
    2 days, 16 hours ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    vuetify って2になって、グリッドのタグ名がBootstrapと同じになったのね。v-flex と書かなくてよくなってた。良い。
    2 days, 17 hours ago

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    YahooショッピングのAPI、応答を返さない状態じゃない? https://t.co/rYKTlr7RcU
    2 days, 20 hours ago

Recent Posts

Archive

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011

Categories

Authors

Feeds

RSS / Atom