ytyng.com

Viewing posts by ytyng

JQuery ValidationEngine でツールチップの位置指定

<script>

Django SJISのCSVをダウンロードさせるビュー基底クラス

Django SJISのCSVをダウンロードさせるビュー基底クラス

PHP SSHの逆ポートフォワードごしにリモートデバッグする

本番サーバ等、離れた環境にある PHP をリモートデバッグする場合。

ElasticSearch ( AWS ESS) で、TransportError Signature not yet current ... と出る場合

TransportError(403, '{"message":"Signature not yet current: 20170412T064759Z is still later than 20170412T064642Z (20170412T064142Z + 5 min.)"}') となる場合。おそらく、サーバの時計が合ってないので

Django Admin で ACE を使う

1. requirements.txt に追加 django-ace

VULTR インスタンスアップグレードメモ

VULTR のサーバが、気づいたら性能がよくなってた。

Ruby on Rails 環境を mac に構築する

rbenvは、apt や brew を使わずに git clone でいきましょう

Philips 4Kディスプレイを買ってつないでみて「遅ええええ」と思ったら応答速度の設定を見直す

Philips の 4Kディスプレイ BDM4350UC/11を会社用に買って、Mac Book Pro Retina 2014 に繋いで使ってみたら反応速度が遅すぎて発狂しそうになった。

Ruby on Rails + Vagrant + Rubymine 環境構築

仕事では Python + Virtualenv + Django + Pycharm でやってるんですが、Rails を扱わないといけない案件が出てきたので環境を作りました。

JSでURLをパースしてクエリ引数を取得する

new URL(location.href).searchParams.get('q')

Django Admin カスタムフィルタを作成

SimpleListFilter を使って簡単に書ける

Selenium Firefox で geckodriver.log を出力しない

サーバ上で permission denied になっちゃうことがよくあるので

ubuntu の Selenium で 'geckodriver' executable needs to be in PATH になったら

ubuntu で Selenium を Python から動かそうとして

Django で、datetime で MySQL 検索する時にタイムゾーンがずれてうまく検索できないミス

けっこう何回もミスってしまうのでメモ。

AWS RDS MySQLのレプリケーションが止まったので復旧

AWS RDS MySQL のレプリケーションの様子がおかしい MyIsam テーブルがありますが、 CHECK TABLE xxxx_xxxx; してみると Table    Op    Msg_type    Msg_text xxxx.xxxx_xxxx    check    error    Corrupt Msg_text が Corrupt。このテーブルは腐ってると言われます。マスターの方は問題無し。 AWS コンソールの RDS ページを見てみると レプリケーションが失敗している SHOW SLAVE STATUS を見ると {

Django CSRFトークン認証に失敗する ELB -> Apache2 -> uwsgi

元々はAWS ELB -> Apache2 -> mod_wsgi という構成だったが、AWS ELB -> Apache2 -> uwsgi と、Djangoサーバを uwsgi に変えたら、ログインフォームを送信する時など、django csrf 認証に失敗するようになった。DEBUG = True で見てみるとアクセス禁止 (403)CSRF検証に失敗したため、リクエストは中断されました。HelpReason given for failure:    Referer checking failed - https://example.com.com/some-path/ does not match any trusted origins.    In general, this can occur when there is a genuine Cross Site Request Forgery, or when Django's CSRF mechanism has not been used correctly. For POST forms, you need to ensure:    Your browser is accepting cookies.    The view function passes a request to the template's render method.    In the template, there is a {% csrf_token %} template tag inside each POST form that targets an internal URL.    If you are not using CsrfViewMiddleware, then you must use csrf_protect on any views that use the csrf_token template tag, as well as those that accept the POST data.You're seeing the help section of this page because you have DEBUG = True in your Django settings file. Change that to False, and only the initial error message will be displayed.You can customize this page using the CSRF_FAILURE_VIEW setting.ELB で HTTPS を受け、Apache には 80 でリクエスト、uwsgi は HTTP プロトコルをリッスンしている(uwsgiプロトコルではない)Apacheの設定はProxyPass / http://127.0.0.1:8081/ProxyPassReverse / http://127.0.0.1:8081/Alias /static/ /var/django/xxxxx/staticfiles/ProxyPass /static/ !こんな感じ。Django のコードを検索してみるとcsrf.pyREASON_BAD_REFERER = "Referer checking failed - %s does not match any trusted origins."こうなっていて、コードを読んで見ると CSRF_TRUSTED_ORIGINS にドメインを入れれば良いっぽい。CSRF_TRUSTED_ORIGINS = [".example.com"] これで良い
Page 7 / 12

Archive

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011

Categories

Authors

Feeds

RSS / Atom